爪水虫 手

手にも爪水虫ができる?

爪水虫 手

普通水虫や爪水虫というと足の爪を思い浮かべる方も多いと思いますが、手にもこれらは発症してしまう場合もあります。

ほとんどの場合足に水虫ができてしまい、それをいじくってしまうことで菌が手に移ってしまうことで発症するらしいのですが、それ以外にも足ではなく手だけに爪水虫ができてしまうという例も稀にではありますがあるそうです。

爪水虫自体嫌なものですが、手にその症状が出てきてしまった場合、足にできるよりも不便なことが増えてしまうことになります。

まず足は隠れていることがほとんどですので、人目を気にする必要はほとんどありませんが、手の場合は常に露出している箇所ですので、恥ずかしいと思ってしまう方も多いでしょう。

また家事などを普段している方はその患部をどこまで物に触れさせていいのかと迷ってしまうという不便さもありますね。

そもそも手に爪水虫ができてしまうという可能性自体がそこまで高いものではありませんが、手にもできてしまうことがあると事前に知っておくとでなるべく水虫などには触らないように、そして常に清潔に保っておくことを心がけましょう。

また手に爪水虫が出来てしまった場合もその治療法は足にできたものとは変わりません。

普段の生活でどのようにしたら良いか分からないという場合は、お医者さんに行って治療のついでに色々とアドバイスを受けるように必ずしましょう。