水虫 かゆくない

水虫なのにかゆくない?

水虫というと足の指などに水ぶくれなどができて、「あー!かゆい、かゆい!」と言っている姿が想像できますが、実は水虫と一言で言ってもそれだけでない色々な種類があるんです。

爪水虫もその種類の中の一つですね。

爪水虫の場合、爪が変色し段々と腐食していくようになっていくのがその症状の特徴なのですが、この爪水虫は世間でのイメージである普通の水虫と違い患部がかゆくなったりはしません。

そのため、この症状の原因が水虫だとは気づかずにそのまま放置しておいて、その結果水虫の菌があらゆるところに飛び散ってしまうなんてことも多くあるようです。

そして同じように、もう一つかゆくない水虫ができるケースがあるのですが、それがかかとの水虫ですね。

このかかとにできる水虫の特徴として、肌の角質が異様に増え、肌がぼろぼろと崩れ落ちていくような感じになるというものがあります。

このかかとにできる水虫も随分一般的な水虫のイメージとはかけ離れていますが、これも立派な水虫の症状なのですね。

このかかとにできる水虫というのも爪水虫と一緒で水虫に自分がかかっているということを気づかずに見過ごしてしまうケースも多いようです。

またこの症状は確かに水虫によることもあるのですが、それとは全く違った原因であることも多いので、自己診断はあくまで禁物です。

水虫では実際ないのに違った症状に水虫の薬をつけてしまうと、よりその症状を悪化させてしまう恐れがあるためですね。

「これってもしかしたら水虫かも。。」
そう思ったら必ず皮膚科に行って専門家の診断を受けるようにしましょう。